子育てストーリー ~自分の子どもは別格です~

自分の子どもは別格です。

加藤真伍さん(27才)、莉奈さん(22才)

自分の子どもは別格です02

一番うれしかったのは、 あなたが生まれたこと。

パパと付き合い始めた時、結婚式はいつして、あなたを産むのはいつって、全部計画していました。実際、妊娠中はからだが重くて、思うように動けなかったり、少し動くだけで息苦しくなったり、とても大変でした。だからこそ、あなたを初めてこの手に抱いた瞬間の喜びを、私は一生忘れません。

この子には、ふたりのケンカは見せません。(パパからひとこと)

初めて彼女と会ったのは、友人同士の集まりでした。僕が経営する季節料理店の話をしたら、彼女はよさこいチームのダンサーなので、練習後に仲間を誘って来てくれるようになって。それからの付き合いですが、あの頃はかなりケンカもしました。でも、この子が生まれてからは全然しなくなりました。

一緒に泣いた日のことも、今では笑顔で話せます。

夜泣きがひどい時期、1時間おきに起こされたから睡眠時間が全然とれなくて、疲れ切っていました。泣いているあなたの横で、一緒に泣いたことも数えきれません。友達やパパに「いつか楽になるから」と励まされて、なんとか乗り越えられたの。みんなに感謝しなきゃね。

二人からの
メッセージ

 

 

顔を見るだけで癒されるから子どもって不思議。

家に帰ったらまず最初にするのが子どもの顔を見ること。それだけで癒されるから、子どもって不思議ですよね。この子が生まれてから、毎日が穏やかになりました。結婚前の方が良かったなんて、今まで一度も思ったことはないですね。

  1. 子育てストーリー ~パパ、大好き!ママ、大好き!~
  2. 結婚ストーリー ~私達、20歳で結婚しました~
  3. 結婚の特等席 ~「婚活サポーター」が、ふたりを応援してくれました~
  4. 子育てストーリー ~自分の子どもは別格です~
  5. 結婚アンケート 彼氏と彼女
  6. 結婚ストーリー ~ひと目で恋におちた運命の合コン~
  7. 結婚ストーリー ~出会いは、先輩の秘密の計画から~
  8. 結婚の特等席 ~応援団のイベント「郷で合コン」に参加して出会いました~
  9. 結婚ストーリー ~偶然、隣の席に座ったのが縁でした~
  10. 子育てストーリー ~毎日がワクワクの連続~

高知県地域福祉部少子対策課

高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号
TEL:088-823-9717

ページ上部へ戻る