ブログ

高知の出会い・結婚 高知の出産・子育てQ&A

Q&Aタイトル

みんなが知りたい高知の出会い・結婚・出産・子育てについて応えます。

Q.交際期間と結婚年齢の平均は?
A.高知県の平均初婚年齢は、男性30.6歳、女性29.4歳。ちなみに、全国の平均初婚年齢は、男性31.1歳、女性29.4歳で、平均して4.26年の交際を経て結婚しているというデータがあります。
(初婚年齢/厚生労働省 平成26年「人口動態調査」、交際期間/厚生労働省 平成22年「出生動向基本調査」)
Q.結婚相手と知り合ったきっかけは?
A.出会いのきっかけは「友人・兄弟・姉妹を通じて」が29.7%で最も多いそうです。そのほかでは、「職場や仕事で」29.3%、「学校で」11.9%などと、日常的な場面での出会いが多くを占めています。
(厚生労働省 平成22年「出生動向基本調査」)
Q.夫や妻の家族と同居する人の割合は?
A.夫婦どちらかの親と同居している世帯は、高知県が6.2%、全国では7.4%。ちなみに、親だけではなく親族の場合も含めると、高知県の9.6%、全国では10.2%の世帯が同居という結果になっています。
(総務省 平成22年「国勢調査」)
Q.結婚生活をスタートさせるにあたって必要な夫婦の年収は?
A.内閣府が実施した意識調査によれば、全国平均で490.3万円(夫婦全体)が必要だと思うと回答。ただし、既婚者の回答では、平均484.2万円という結果になっています。いざ結婚してみると、思っていたより少なくても大丈夫ということなのかもしれません。
(内閣府 平成26年「結婚・家族形成に関する意識調査」)
Q.婚活イベントってどういうもの?
A.県主催や高知の出会いと結婚応援団が主催するイベントがあります。オーソドックスなパーティー形式のものから、バーベキューやアウトドアを楽しみながら交流を深めるイベントまで、最近は気軽に参加できるタイプのイベントが増えてきました。イベントの規模にもよりますが、男女それぞれ20〜30人程度が参加。フリートークなど一対一で話をするチャンスもあります。

好感を持たれる見だしなみや会話に関して

Q.好感を持たれる身だしなみって?
A.初対面では、個性的であるより常識的な身だしなみのほうが好感を持ちます。男性は清潔感と「シンプルな服装を普通に着こなす」ことを意識してコーディネイトを。女性は女性らしさとやわらかさを大切に。お洒落も大切ですが、派手な印象を与えがちなメイク、ブランド品で全身を固める、過剰な肌の露出などは控えめにするほうが好まれます。
(県作成「婚活中の人が読む本」より抜粋)
Q.好感を持たれる会話って?
A.会話の基本的なポイントは5つ。1.最後まで人の話を聞く 2.相手の意見を肯定する 3.興味がある素振りを見せる 4.適度な距離感を保つ 5.にこやかな表情で。大切なのは「相手にスポットライトを当てる気持ち」です。自慢話やグチ、過去のお付き合いに関する話題はNGです。相手を楽しませることを心がけましょう。
(県作成「婚活中の人が読む本」より抜粋)

県内のブライダルのプロ4社に聞きました

Q.結婚式・披露宴にはどれくらいの費用がかかる?
A.式の内容により幅はあるものの、出席者60名程度で200~300万円程度という回答が多くなりました。会費制パーティーでのカジュアルウエディング、開催時期に応じた割引特典など、リーズナブルな挙式もあるそうです。費用についての心配は、プロに相談してみると解決するかもしれません。
Q.結婚式の予約はどれくらい前にするのが一般的?
A.まれに2ヶ月前!という方もいるそうですが、問い合わせや予約は1年~半年前にする方が多いという回答が最も多くなりました。ただし、「絶対この日に式を挙げたい!という希望日があれば、早いほうがいいですよ」とのことです。
Q.子育て支援にはどんなものがあるの?
A.乳幼児の入院・通院などの医療費の自己負担分を助成してくれる制度や保育サービスのほか、子どもと保護者が集まって交流する「子育て支援センター」などがあります。各市町村により異なりますので、詳しくはお住まいの市町村へ問い合わせを。

イラスト01

Q.出産や子育てについて相談する場所はあるの?
A.出会い、結婚、子育てについての相談窓口「高知家の出会い・結婚・子育て応援コーナー」があります。助産師や保健師など専門知識を持つスタッフが相談に応じ、また最適な支援制度や専門機関を紹介してくれます。
Q.出産、育児が落ち着けば働きたいと考えているけれどどうすれば?
A.働きたい女性を応援する窓口「高知家の女性しごと応援室」では、求人情報やスキルアップ研修・講座などの情報提供、キャリアカウンセリングなど仕事や就職活動へ不安を感じている方を支援しています。

 

詳しくは「高知家の女性しごと応援室」へ。
www.kochijyosei.jp/
TEL.088-873-4510

イラスト02

Q.パートナーが妊娠したら、どんなことに気を付ければいいの?
A.妊娠した女性は、定期的に健康診断を受けることが大切です。さらに、体調が変わりやすくなるので、睡眠と休息は十分に。妊娠中のカップルで欠かせないのが男性の協力。家事をしたり、ゆっくり話を聞いたりしながら、お互いを思いやる気持ちを大切に。タバコやお酒の害からも赤ちゃんを守りましょう。

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る